ハードウェア

ArduinoでLチカ

このサイトの通りにチュートリアルを実施します!

プログラムを実行してみる

というファイルを作成して、再生マークを押してみましたが、エラー発生!

ツールからシリアルボードを選択すれば解決します。

ser_open(): can't open device

無事に実行されました。

Lチカ

Lチカというのは、ハードウェア界のHello Worldです。

Lチカ

LEDは線が長い方がプラス

13のアウトプットがプラスです。

上の回路図で、LEDに直列に接続されている抵抗は、LEDに電源を接続して電流を流す際に、過大な電流が流れないようにするための抵抗です。

PWM

信号がONになっている時間をTon秒、OFFになっている時間をToff秒としたとき、T = Ton + Toffはこのパルス信号の周期といいます。f = 1 / Tはパルス信号の周波数で、単位はHzです。そして、Ton / Tのことをデューティー比と呼びます。上のグラフのパルス信号は、Ton = Toff なので、デューティー比は0.5です。

PWMはパルス信号のデューティー比を変化させて変調する変調方法で、Pulse Width Modulationの頭文字です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です